段差解消機を活用しよう~解消機使って負担も解消~

介護リフォームの種類

現在は介護のされる人とする人が増えている状態で、これからも介護が重要とされるようになっているのです。そういった状況で重要なのが、住宅で介護できる事になるのです。ですが一般の住宅で介護をおこなう事は、とても大変な事です。そういった時におこなう工事が介護リフォームなのです。介護リフォームをおこなう事で、介護する人される人が快適に暮らす事ができるのです。ここでは介護リフォームで、どんなところに注意すれば介護しやすい住宅になるのか、紹介していきます。介護リフォームで重要なところは、段差をなくす事なのです。住宅の中の段差をなくす事はバリアフリーのひとつで、介護だけでなく障害をもっている人や高齢者にとっても、重要な事なのです。

住宅の中で注意が必要な段差を、紹介していきます。まずは玄関の段差です。特に一戸建て住宅はマンションなどの集合住宅よりも、玄関の段差が高い場合が多いのです。ですから玄関のスペースにゆとりがあれば、玄関にスロープを作り段差を作らない事が重要なのです。もし玄関が狭い場合は、もうひとつ段差を作り一段の高さを小さくする事で、上がることが楽になるのです。また玄関のあがる場所には、手すりをつけておく事で体重をかけれるために、安定して段差を上がる事ができるのです。階段の段差はなくす事は難しいため、できる限り1階で生活できるような工夫をする事が大切です。生活するうえで、どうしても2階に行く必要がある場合は、手すりを両側の壁に取り付ける事で安定してのぼる事ができるのです。