段差解消機を活用しよう~解消機使って負担も解消~

介護用のユニフォーム

近年、介護施設を立ち上げる業者が増えています。以前は、決まったユニフォームがないという事業所もありましたが、最近は、統一したユニフォームを着用させる事業所も増えてきています。しかし、介護施設内には様々な職種がいます。その為、職種にあったユニフォームを揃えると仕事が効率的に行える事もあります。 例えばケアマネージャーや相談員等は安心感や信頼感を与える服装が望ましいでしょう。その為、これらの職種の人たちはジャージ等ではなく、襟のついた少しかっちりしたスタイルのユニフォームで仕事をすると話し合いがスムーズに進む場合もあります。 介護士は動きやすさが最も重視されます。しかし、介護される側は高齢者である事から、高齢者が見ても不快に感じないデザインの物を選ぶ必要があるでしょう。

介護用のユニフォームを通販で購入する事業所が増えてきました。最近では、介護ユニフォーム専用業者もあり、取り扱う品目の非常に豊富に揃っています。デザイン性の高いユニフォームもあり、一見介護事業所とは分からないユニフォームもあります。 施設で統一したユニフォームを揃える場合、事業所名等を名入れしてもらうとより統一感が増します。名入れはまとまった数を注文すれば安く行えるので、一括で購入する際にまとめて行うと良いでしょう。 また、介護士はお風呂介助や食事介助等業務内容が様々です。施設によっては、業務により専用のユニフォームを揃えている施設もあります。濡れてもすぐ乾く素材の物や汚れが良く落ちる等のそれぞれのニーズに合わせたものを選ぶと良いでしょう。